ロゴ

食育アドバイザーの資格とは?〜資格取得の方法などについて知ろう〜

>特集>食への興味があるなら食育アドバイザーの資格を取ろう!

きっかけは様々

食関係の資格は増えてきており、最近では食育アドバイザーの資格取得を目指す人も多いです。自身の食生活に知識を活かせるだけでなく、家族や周囲にも食育を広めることができるため、人気が高まっています。

食育アドバイザーの資格取得を目指したきっかけランキング

勉強
no.1

もっと食に関する知識を深めたかった

もっとも多かったきっかけは知識を深めたいというものでした。献立の内容や食材の選び方など、幅広く知識を得ることができるというメリットがあるため、食育アドバイザーの資格を取ろうと決意する人が多いようです。

no.2

子どものために取得を決意

食育で学べることは、食の安全性や食事マナーも含まれています。そのため、子どもの食事に活かしたり、正しく教えられるようにしたいという気持ちから取得する方も増えています。

no.3

将来活かせると思ったから

食関係の仕事に就きたいという方の中にも、食育アドバイザーの資格を取得するケースが多くみられます。食育に関する知識を習得しておくと、仕事に活かせるだけでなく、家族の食事にも良い影響を与えることができます。

そもそも食育とは?

「食育」という言葉が浸透してきて久しいですが、まだまだ詳しく知らないという方も多いでしょう。食育とは、食材の選び方や献立のバランス、食の安全性などを学ぶことを指します。健康的な食生活を目的に広まり、現在では食育に関係する資格も増えてきました。食べることが健康な身体作りや成長にも大きく影響するので、食育について知ることは大切だと言えます。

食への興味があるなら食育アドバイザーの資格を取ろう!

ウーマン

通信講座を受けよう

食育アドバイザーは、食育に関する正しい知識を周りに広めることができます。また、食材だけでなく、食文化やマナーについても教えることができます。食育アドバイザーは、通信講座で学んでから受験するという方法で取得できます。通信講座が受けられるスクールもいくつかあるので、取得にかかる期間の目安や費用を比較して選びましょう。

男女

子どものうちから食育を始める

子どもたちにも食への興味をもってもらうために、食育に力を入れている保育園や学校も増えてきています。中には、保育士の方が食育アドバイザーの資格を取るというケースも少なくありません。小さいうちから正しい知識を学ぶことで、食事の大切さを知ったり、マナーも自然と身につけることができます。また、丈夫な身体作りにも繋がるので、食育は重視すべきだと言えます。

食育に関わる時期でどう変わるか比較してみよう!

子どものうちから学ぶ

子どものうちから食育を受けると、食事の大切さがわかり、好き嫌いがなくなる場合もあります。自然と食の安全性にも関心を抱くようになるので、健康に過ごすためにも必要な知識を得ることができます。

大人になってから学ぶ

大人になってからでも遅くはありません。今までの食生活を見直すきっかけにもなり、必要な栄養素や献立のバランスなどについての知識を得ることで、健康的な生活を送れるようになります。食生活を正すことで、生活習慣病などの予防にも繋がります。